まだまだ新しい技術のレーシック

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。





注目サイト、硝子体 手術ならおまかせ
硝子体 手術
URL:http://www.otsukiganka.com/shoushi/


まだまだ新しい技術のレーシックブログ:03-10-22

コンチワ^^

何度もダイエットにチャレンジしているけど
長続きしなかったり、途中で断念してしまったりしている方も
多いのではないでしょうか。

ダイエットが長続きしないのは、
「おれの意思が弱いからなのか…」
と落ち込んだりしてしまっていませんか?

そんな方は、
もう一度どうしてダイエットする必要があるのか
改めてよく考えてみてください。

ダイエットが続かないのは
意思が弱くて失敗してしまうのではなく、
ダイエットをする動機が
漠然としているからなのかも…

ふと鏡を見た時に
自分の醜い姿を確認してしまったり、
太っていることで恋人にふられてしまったり
気に入っていた洋服が入らなくなっていたり、
こういった苦い経験があったから
ダイエットを始めたのではなかったですか?

ダイエットを諦めてしまいそうな時は、
そんな苦い経験を思い出してみると、
またがんばる気持ちが湧いてくるかもしれませんよ。

「初心忘るべからず」ということで、
自分がダイエットを始めた理由を紙に書いて、
いつも目に付くところに貼っておくのもいいかもしれませんね。

こういった動機も
なくなんとなくダイエットを始めた方は、
目指す目標が定まらないので途中で断念する可能性が高く、
逆にリバウンドしてしまったりします。
目標がないと、がんばるぞという強い意志がもてないですよね。

ですから、
ダイエットの成功のためには
きちんとはっきりした目標を持つことが大切なんです。

ダイエットに成功して、
きれいに美しくなった自分を想像してみてください!
きっと素敵な連日が待っていますよ。

今日は、ここまで。