レーシックはどのように行われるのか

最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。

 

レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。



レーシックはどのように行われるのかブログ:13-9-22

いくらダイエットのためだからと言っても、
過度の運動や、過度の食事制限は
老化を進めてしまうんですよ!

運動によって乳酸値が上がりますが、
この乳酸を作っているのが活性酸素で、
この活性酸素は老化の原因の1つとも言われています。

活性酸素は、体質に無くてはならないものですが、
過剰に発生すると、
ガン、糖尿病、心筋梗塞などを引き起こす可能性が
高くなるんだそうです。

運動をしなければ乳酸も出ず、活性酸素も増えないのだから、
運動しなければ良いと思うかもしれませんが、
何もしなければ筋肉は衰えていくばかりです。

老人が骨折をして、しばらく寝たきりになると、
筋力が衰え、リハビリをしっかり行わないと、
そのまま寝たきりになってしまうというのが、
良い例だと思います。

筋力を20代の時のように保つ必要はありませんが、
基礎代謝を上げる為には、ある程度の運動は必要です。

食事制限だけのダイエットは、
筋肉を衰えさせることにもなり、
体重は減っても、老けこむ危険性があるのです。

ダイエットとアンチエイジングのバランスを考え、
食事制限や運動は過度になり過ぎないようにし、
長期的なダイエットを心掛けましょう!

糖尿病、高脂血症などが原因で、
医師からダイエットを勧められている人は別ですが、
サイズダウンを目的としたダイエットをする場合は、
「健康的に」ということを一番に考えるべきです。

食事の内容は、
アンチエイジングを意識したカロリーの低いもの、
運動も適度に筋肉が付くくらい…と、
食事も運動も、過剰になり過ぎないことが大切です。